ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

access

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ボルネオ・コタキナバル 旅行記
おすすめの情報など。
ボルネオ島 旅行記ランキング 参加中

掘り出し物プラン、探してみませんかッ!早特プランで行く海外♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代理店
今回はHISで取ったのですが・・・

出発数日前に、だらだらとネットで調べていたら、気になる代理店を見つけました。

株式会社エスティーワールド

何が良いって、部屋のアップグレードを受け付けていることが明記されているからです。まあ、実際この会社を利用したことがないので、オススメ!とは言い切れませんが、まあ代理店なんて現地では特にお世話になることも無いでしょうし、どこでも一緒かな、と・・・

自己責任でお願いします

ちなみにネクサスの場合、ボルネオルーム、スウィート、ロイヤルは、通常の部屋とは違うエリアにあります。

さすがにスウィート、ロイヤルは高いのですが(笑)、ボルネオは同じ敷地内にあり、かなりヨサゲな雰囲気です。

次回、もしネクサスに泊まるとしたら、ボルネオルームのシービューにします。
スポンサーサイト
持参品について
まずは日焼け止めです、これは結構大量にいるかと思います。直射日光を浴びる場面ではとくに絶対必要でしょう、油断していると泣きを見ます、俺のように。

同様に、帽子やサングラスもあるなら持っていかれては。

サンオイルは、木陰などにずっといる場合、という前提で使われると良いかと思います。短い時間に焼いてしまおう!などと思わない方が宜しいと思います(笑)

あとは薄手の、ぼろでも良い感じの、Tシャツ。これをシュノーケリングのときなどに着て入るとすこしは背中の日焼けが抑えられそうな感じです。長袖がオススメかな。

次に、デジカメ、それにマリンパックケースなど。これは絶対に買っておいた方がいいですよ・・・

だがしかし、僕のお薦め、PanasonicのFX-9にはマリンパックが無い模様です、ぽかーん。

ということで、次にオススメの、水深1.5mまで撮影可能 オプティオ WPi
が良いなと思います。これは旅行にはかなり万能なカメラである気がします。なぜって、防水であり、防砂であるからですね。あるいは、Canonの「IXY DIGITAL 800 IS」ですね。


水中撮影可能な使い捨てカメラでも良いでしょう!


それから当初持っていこうと思って、いかなくて、後悔したのはシャンパン。ホテルにもあるだろうと思っていたのですが・・・ルームサービスにはありませんでした、レストランにはクリコがありました、だが日本よりも高いです(笑)

僕は個人的にもシャンパンが大好きなので、やはりクリコでも買っていけば良かった!部屋の冷蔵庫で十分冷えます。

ヴーヴ・クリコ (\4,000~)

それから、ネクサスの場合、ホテルのビーチが結構波が高くて楽しいので、ボディボードで遊びたかったな。

あとは他の場合は知りませんが、普通のシーウィング辺りの部屋だとCDプレイヤーも無いんですね。サムイ島など他のリゾートではありましたが・・・ま、カップルで行くなど、雰囲気を盛り上げたければ、音楽プレイヤーがあれば良いと思います。

クラプトンなんかかけると大変宜しいかと。

まだ何かあるかな、そうだなあ、部屋でお風呂を使うときのクールバスクリンとかもあれば良いかもしれません。バスジェルは付いていますが。
料理について
はっきり言って、料理はちょっと頂けなかった、もちろん、個人の嗜好もあるのですが・・・

マレーシアには、中華料理、マレーシアの料理、それらの合いの子、と3つくらい代表的な料理があるらしいのですが、まあなんとなくアジアだな・・・と感じるくらいで、例えばタイ料理のような特徴もなく、漠然としたもんでした。

あとスチームボートとかいう鍋、タイスキみたいなモンもあるらしいのですが、いまいち特色を感じなくて、そそられず、今回はパス。ですが今考えるとそれが一番無難だったような・・・


さて。

1日目の夜はホテル内のイタリア料理店 Oliveへ。

味が全体的に塩辛かった、もちろんそれはオールド・スタイルとも言えるのですが。シーザーサラダのようなものと、カリフラワーの茹でたサラダ(これはまあ良かった)、マッシュルームのスープと、サーモンといくらの入ったビシソワーズ。マッシュルームのスープが言語道断に塩辛い。

メインは子羊のロースト、ビーフステーキ、これらはまあまあ。

同行者はほとんど飲めないし、体調的に酒を控えたかったので、飲み物はミネラルウォーターに、それで都合8000円ほど。まあ値段と価格と見比べると5段階で★★。


2日目の夜はバーベキューを期待していたが、なぜだか中止になっていた。

仕方がないので、ホテル内のシーフード系のレストランへ。アラカルトはそこそこ良かった、アスパラガスのスープはアッサリしていた。ロブスターの揚げ物はなかなかうまかったが、味がとても濃く、一人一つ食べると、もういいやと言う気になった。




あとの料理も全部アラカルトにすればよかったのだが(キングプラウンとか、そういえばベトナムではすごく美味しく食べた)、ついついビュッフェに目移りしてしまって、それを注文する。

だが一つ一つのクオリティがとても満足できなかった、見た目はよかったのに・・・

ここでは絶対にアラカルトをオススメします。

クリコを1杯飲みましたが、都合9000円ほど、これは前のOliveと比べても、納得いかなかったなあ。金額そのものの問題ではないのです、満足度的な問題。まあ小食のくせに欲張りでビュッフェを頼んだのがいけなかったと思います、ちくしょー。

つーか、ルームサービスで良かったな!

ひとつミスしたなあ、と思ったのは、行く前にシャンパンでも持っていこうかと思ったのですが、まあホテルにもあるだろうと面倒くさがったのですが、持っていた方が良かったです。


朝食はまあただでついてきているわけだし、別に文句もありません、普通に食べやすかった。


しかしまあ、いずれにせよ料理は全体的に洗練されていなかった、タイやベトナムに行ったときのような感激は一切ありませんでした。そりゃまあ、豚肉などは使わないとは思いますが、だったらシーフードの美味しい料理を出してくれないものか・・・。

あるいはそこんとこがマレーシア資本の弱点なのかもしれない、他の欧米資本系のホテルだと違ってきたのではないかと思う。

街に出ればまた安くて美味いモノもあると思うけれど、せっかくこんな綺麗なところにて、往復2時間も掛けて街に行く気にもなれないので、Nexus、もう少し料理を頑張って欲しいなあ。



ところで後日、友達のところに遊びに行ったのですが、偶然、彼女も昨年コタキナバルに行ったそうです。

それで、料理の話になったのですが、街で食べた食事はとても美味しかったよ、とのこと。

うーん、残念。

街に近いリゾートホテルの人は、行ってみる価値がありそう。

もし行ったことのある人がこれを見たら、コメントお願いします

テーマ:南の島とスノーケリング - ジャンル:旅行

アクティビティについて
今回、試したアクティビティは

・パラセイリング
・アイランドホッピングとシュノーケリング
・スパ

以上の3つと、やっていないのですが、無料でバナナボートがありました。

パラセイリングは、ホテルからバスで5分、ラグーンで出来ます。夕方は風が強くなるので、3~4時くらいまでだよとスタッフが言ってました。

初めてでしたが、なかなか楽しかったです。もし防水パックを持っていれば、デジカメを首からぶら下げて眼下に広がるエメラルドの海や、絶景を撮ることができたのに・・・残念!

ボートを運転するスタッフからちょっとした悪戯というかサービスを受けられます(笑)

アイランドホッピングは、前日に予約して、ホテルから朝の9時に出ます。車で40分ほど行き、港からボートで20分で到着します。

ent_island.jpg


この辺りの島を総称して、トゥンク・アブドゥル・ラーマン公園と呼ぶそうですが、まず最初にマムティク島でシュノーケリングをして、次にサピ島。

前日の波の状態や、当日の天気に恵まれると、非常に澄んだ、そして綺麗な海でたくさんの魚と戯れることが出来ます。

boat.jpg

(島の向かって右のビーチ。人が少ない)

fishes.jpg

(かなり多くの魚がいます。太刀魚が海面を泳いでいたのにはビックリ。捕まえて塩焼きにしようと奮闘しました・・・。ただし太刀魚は危険な魚なのでよい子は真似しないでね)

それから、サピ島では運が良ければリザードに会えます。僕は小型の奴を目撃しました。碧い身体で、下をちろちろ出してなかなか愛嬌がありました。

island2.jpg


日本で事前申し込みするよりも、現地のホテルで予約した方が安いです。そのかわり、昼食のバーベキューは付きません。この場合、公設のちいさな売店で食べ物を買います。

ここのフレッシュライムジュースはかなりウマイです、今回の旅で唯一感心できた味です(笑)。バーベキューもやってますが、終わるのが早いのでお腹が減っていたらとりあえず食べたほうが良いようです。

他の食べ物はあまり美味しくないです(笑)

さて、アイランドホッピングの出発前に、ホテルの朝食にてパンをひとり1枚持っていくと良いです。魚がわらわら寄ってきます。

積極的につついてくる個体すらいます、むかつきます。おめーにはやらねーよ、と思ってしまいます。それにひきかえ謙虚で可愛らしいクマノミとかは、残念ながら、パンは食べないようです(笑)

しかし、ほんと、ここは良かったなあ。ずーっと浮いていたい。日焼けで死亡しますけど。



(今回の一番良い写真です)

バナナボートは、実際はやってません。無料チケットがついてましたが、日焼けでそれどころではなく・・・やるなら1日目がオススメです(笑)

スパも同様に、40分の無料チケットがあり、試しました。スパの中はアルファ波が過剰分泌されるほど、気持ちの良い空間です。ただ日焼けしていると、マッサージが痛いです。

そこは男の子なのでやせ我慢です。だが思わず鼻から「クフォー」という力みに満ちた吐息が・・・

ちなみに、同行者は日焼けを沈めるコースを頼んでました。大体、5,000円~くらいです。

それから、マニキュアやペディキュアコースは、受けた後最低30~40分して、シャワーを浴びるなり着替えるなりしないと、半乾きで、グダグダになります!

したがって、帰国する日にこれを行う場合は、出発時間の1時間前には終わるようにしておかなければいけません。最終日、きっちりとスケジューリングをしすぎたため、この惨劇が起こり、同行者は半べそかいてました(笑)

さらに、このスパにはコールドスパという水風呂があるのですが・・・これが氷になる一歩手前かというくらい冷えているのです。体感温度マイナス10度です、しかしながら、日焼けの炎症を抑えるために、いったんスチームサウナに入って、気合いを入れて入りましたが・・・

日本男児の気合いを持ってしても10秒しか持ちませんでした。

ありえねえ。

きゃん玉が驚くべき小ささになり果てました。

ぜひあの冷たさを味わって欲しいと思います。

なお日焼けしすぎていると、普通のジャグジーも、痛すぎて入れません。その場合は、そこも、やせ我慢してください(笑)

他にもテニスだとかジムだとか、併設するコースでのゴルフだとか色々あります。まあ、3泊4日だと、海に感動しているうちにあっという間だと思いますが・・・^^

テーマ:南の島とスノーケリング - ジャンル:旅行

両替などについて
だいたいどこのリゾートホテルでもそうですが、ホテル内でお金が必要になってくることは、部屋にチャージ可能です。ホテル経由のアクティビティもチャージできます。

ですから、ほとんど現金を替えることはないと思います、チップの習慣もありませんので。(僕は気持ち渡しましたが)

現金が必ず必要なのは、アイランドホッピング。

入島税が10リンギット/人かかり、また、島で昼食を取るときに2~30リンギットいるでしょうが、まあ一人50リンギットでも持っていれば十分じゃないかと思います。

チャージを精算するときはクレジットカード払いが良いでしょう。現金のときは、チェックイン時に1万円預けることになります。

rm.jpg


レートは1リンギット≒31円です。日本から飛行機で来る場合、空港の両替が閉まってることが殆どだと思いますが、おそらく空港とほとんど変わらないレートじゃないでしょうか?

街の両替商が一番レートが良いと思いますが、差は1円も無いでしょう。


Yahoo!ファイナンス 外国為替換算

ネクサスリゾートホテル
宿泊したホテルは「Nexus Resort Hotel」。主にHISからの予約客が泊まるようです。ちなみにこのホテルは四つ星クラスでは唯一、マレーシア資本で建設されたとのこと。

エントランスからすぐにラウンジ。でかいラウンジで、また落ち着いていて、とても良い感じです。僕は狭い部屋よりもラウンジが好きなので、そこのソファで(かなりデカイ)ダラーっとしてることが多かったです。

robby.jpg



部屋は普通ですが清潔感があり、またバスルームが広めで良いです。バルコニーにはテーブルセットがあり、部屋によっては良い景色が眺められます。潮騒を聞きながらビールやら飲んだりしました。

robby.jpg


実はボルネオルームという1ランク上の部屋があり、ヴィラではありませんが2階建てのコテージになっています。これがすごく良さそうなので、アップグレードしようと思いましたが・・・日焼けでバテてどうでも良くなりました(笑)

後で旅行会社のカテゴリーで紹介する旅行会社であれば、+3,000円などでアップグレード出来ると思います。強力にお勧めです。ちなみに、コテージになると、泊まるエリアも別の場所になってきます。ちょっとした優越感が得られるかも。

部屋以外の施設もまだ新しく、清潔です。

特に良いのはスパルームとビーチ手前の庭。

2005_10_26_1.jpg

(ビーチでの黄昏。これはヤバイ)

それからホテル全体に鳥が多くて、その鳴き声が爽やかです。一日目の朝は鳥に起こされましたから(笑)

プライベートビーチの前には広い芝生の庭や、入り口から伸びる椰子の小道があって、綺麗なもんです。

1時間毎に出るバスで行くラグーンも、雰囲気あります。ちょっとした秘密のビーチ的な雰囲気も味わえます。また、ここから、パラセイリングなどをすることになります。

robby.jpg


プールはさほど大きくないので残念。そのせいか、プールサイドはちょっと混んでます。あと2つのうち、1つは食堂の隣にあるので、食事時が近くなると匂いとかが流れてくるのはどうかな?ま、別に臭いわけではないので(笑)気にはなりませんでしたが。

robby.jpg


部屋にはオーディオがあってくれると嬉しかったなあ。いや、もちろん、潮騒の音が聞こえてくるのでそれはそれでとても良かったのですが。ちょっと雰囲気作りたかったりしたときにあれば良いな、と。

部屋によっては若干、施設から歩く必要があるのも辛いところ。その点でも、コテージがオススメです。

ま、値段を考えると全てわがままになりますけどね(笑)

料理については別記します。


ただ総じて、まだまだリゾートしてのあり方が完全には身に付いていないな・・・と思えました。おそらく、それがマレーシア資本であることの弱点かもしれません。

そういえば、オープン当時の銀食器の話もそれを裏付けます。

しかしいずれにしても、マレーシアにお金が直接的に落ちることを考えると、そんなに厳しい目で見る必要も無いと思います。むしろ、これからもっと良いホテルになってくれることを期待するのです。

特にこのネクサスは街から遠く(それが良いところでもありますね)、ホテルで過ごす時間が多いので。

テーマ:南の島とスノーケリング - ジャンル:旅行


おすすめ!

旅行するなら・・・移動中はやっぱし本を読みたいですよね!

リゾートならプールやビーチサイドでも良いですね~!

かさばらない文庫が絶対に◎です。

ブックオフは中古で安く買えますので、読み終えたらそのままホテルに寄贈も出来ますな。

しかも在庫切れも入荷したらメールで通知が来るので便利。

3冊か、1500円以上の注文で送料無料です。



ちなみに読まなくなった本も着払いで売れます。蔵書が嫌いな僕もちょいちょい売ってます。

プロフィール

Author:nyaman
一応ジェダイなんですが、

海外には年に一、二度行きます。普段のエネルギーレベルは低いのですが旅行の時だけ超サイヤ人を超えた超サイヤ人になります。

蟹が好きです。

上海がに、ソフトシェルクラブやパッポンカリーなどが特に好物です。

他に映画も好きで、「借りたい作品をすぐ忘れ右往左往する奴の映画レビュー。」とかいう映画ブログもやっております。

嫌いなものはキュウリと、どこでもゴミを捨てる奴です。特に自然でゴミや吸い殻を捨てる奴を見るとなんかもうゲンナリします。

ちなみに、このページの写真は全ておいらが撮影したので、転載はご遠慮願います。

PR

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。